トップ

素敵な謝恩会を開催する

謝恩会の本来の目的とは

感謝の意味を込めて開催する目的で開く会

大学などにおいて、卒業式の後に謝恩会が開かれることはほとんど確定事項だと言えるでしょう。卒業式の流れで謝恩会に行き、友人たちと楽しく過ごすという方も多いと思います。
そもそも、謝恩会とはいったいどのようなものなのでしょうか。謝恩会は、学生や生徒の側が恩師など、教師に対して感謝の意を示すために開かれる会であり、本来は級友との交流よりも先生への感謝がメインとなるものだとされています。

大学の謝恩会は、基本的に卒業式からの流れで参加することがほとんどです。卒業式に参加した後で、そのまま会場に直行して謝恩会で楽しく過ごすというのが一般的な大学の卒業式の流れだと言えるでしょう。

謝恩会は一般的には大学の卒業式と付随しているものを指す言葉となっていますが、最近では小学校や幼稚園の卒業式・卒園式においても、謝恩会が開催されることが多くなってきています。その場合、謝恩会には保護者が出席することとなり、保護者同士の交流会としての側面も持つものとなります。

また、幼稚園や小学校の謝恩会はPTAが主催することが多くなっており、子供の恩師である先生に対して感謝を伝えるという形で開催されるものになります。謝恩会は一応きちんとしたパーティーの場となりますので、保護者の方々はきちんとした格好で参加するのが一般的だと言えるでしょう。

謝恩会は、普段交流することがなかなかできない子供の担任の先生や他の保護者たちとの貴重な交流の場でもあります。見知った人同士で話すのではなく、普段あまりお話をしたことがない方とも話してみるのも楽しいものになるでしょう。また、謝恩会の本来の目的である、先生に対してしっかりと感謝を伝えるという目的も、ぜひとも忘れないようにしておきたいところですね。